メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ
都大路に挑む

2017全国高校駅伝/上 男子 東海大福岡 歴史変えチーム一体で /福岡

都大路へ向け練習する東海大福岡の選手たち

 12月上旬、東海大福岡の選手たちが芝生の上を軽快に駆け抜ける。傍らでは植木大道コーチ(33)がストップウオッチを使ってタイムをチェックする。それを見つめる田代修一監督(42)は「練習はコーチに任せています。でも案外していませんよ」と穏やかに語った。県大会を31連覇していた強豪・大牟田を破って県内高校駅伝の歴史を変え、注目を集めたチームは、のびのびと調整を続ける。

 「当時は学校からも期待されていなかった」。2007年に就任した田代監督は陸上経験はなく、専門誌など…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1195文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです