米国

エルサレム首都認定 安保理緊急会合へ 米への非難相次ぐ可能性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定すると発表したことを受け、国連安全保障理事会は8日午前(日本時間9日未明)、緊急会合を開く。会合は公開で、国連での合意を無視し中東政策を大転換した米国への非難が相次ぐ可能性がある。

 会合を要請したのは理事国15カ国のうち8カ国で、米国の同盟国で常任理事国の英国とフランスも含まれる。ロシアや中国も政策転換を懸念する立場を表明。議長国日本のかじ取りも注目され…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集