メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済政策パッケージ

「人づくり革命」閣議決定 「無償化」迷走重ね 結論一部先送り

「無償化より待機児童解消の優先を」と訴え、自民党本部を訪れ3万人を超える署名を提出した保護者たち=東京都千代田区で2017年11月、藤沢美由紀撮影

 政府は8日、教育無償化などを盛り込んだ2兆円規模の経済政策パッケージを閣議決定した。教育無償化は、安倍晋三首相が掲げる「人づくり革命」の目玉政策。首相は同日、記者団に対し「子どもたちの未来に予算を振り向け、社会保障制度を全世代型へと大きく転換する」と胸を張った。だが、10月の衆院選公約で表明した期限に合わせて取りまとめを急いだ結果、先送り項目が目立つ結果となった。

 幼児教育・保育の無償化は、自民党が衆院選公約に掲げた「3~5歳のすべての子ども」を巡り迷走を続けた…

この記事は有料記事です。

残り2471文字(全文2706文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]