メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済政策パッケージ

「人づくり革命」閣議決定 「無償化」迷走重ね 結論一部先送り

「無償化より待機児童解消の優先を」と訴え、自民党本部を訪れ3万人を超える署名を提出した保護者たち=東京都千代田区で2017年11月、藤沢美由紀撮影

 政府は8日、教育無償化などを盛り込んだ2兆円規模の経済政策パッケージを閣議決定した。教育無償化は、安倍晋三首相が掲げる「人づくり革命」の目玉政策。首相は同日、記者団に対し「子どもたちの未来に予算を振り向け、社会保障制度を全世代型へと大きく転換する」と胸を張った。だが、10月の衆院選公約で表明した期限に合わせて取りまとめを急いだ結果、先送り項目が目立つ結果となった。

 幼児教育・保育の無償化は、自民党が衆院選公約に掲げた「3~5歳のすべての子ども」を巡り迷走を続けた…

この記事は有料記事です。

残り2471文字(全文2706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  2. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  3. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  4. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  5. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです