メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

2019年5月1日即位・改元 次代へ晴れやかに

「王寺ハンドベル・フェスタ」に出席しハンドベルの演奏を鑑賞される皇太子さまと雅子さま=奈良県王寺町で9月3日、加古信志撮影

 2019年4月30日の天皇陛下の退位と5月1日の皇太子さまの即位が決まった。平成の幕引き、そして改元とともに、皇室が「次代」を迎える時が近づく。1817年の光格天皇以来、約200年ぶりの退位による皇位継承。象徴の務めは新天皇へと引き継がれる。【高島博之、山田奈緒】

 ◆皇太子さま

「国民と共に」強い自覚

 次の天皇になられる皇太子さまは、「平成流」と呼ばれる陛下の活動を引き継ぎつつ、新しい時代にふさわしい象徴の姿を模索していくことになる。また歴史の中の天皇の在り方にも目を向けている。

 今年10月2日、皇太子さまは京都市伏見区の醍醐寺を私的に訪れた。国際会議に出席するための京都滞在中…

この記事は有料記事です。

残り2724文字(全文3016文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです