メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

描かれた鉄路

今回の作品 映画『秋刀魚の味』 監督・小津安二郎 東急池上線・石川台駅(東京都) 常にすれ違う人物たち

『秋刀魚の味』 監督/小津安二郎 (1962年) 写真提供/松竹

 「やっぱり、奥さんには優しくした方がいいのかな」「そうね、でも、あんまり優しいのも嫌ね」「そうですか、難しいな」「フフ……。あ、電車来た」。男前の三浦(吉田輝雄)と、美貌の路子(みちこ)(岩下志麻)が、夫婦の機微について言葉を交わす。映画界の巨匠、小津安二郎監督の遺作「秋刀魚(さんま)の味」(1962年公開)。この場面のロケ地である東急池上線・石川台駅(東京都大田区)の五反田方面行きホームを訪れた。一連の小津映画に通じる哀感とユーモアに加え、本作では残酷な「すれ違い」が描かれる。

 会社員の平山(笠智衆)は妻を亡くしており(明らかにされないが戦災ではないか)、結婚適齢期の娘の路子…

この記事は有料記事です。

残り1473文字(全文1766文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです