メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果断猛進

19年ラグビーW杯への道 前に出る防御深まる=薫田真広

 勝てるチャンスを逃した悔しさと、戦略・戦術が着実に浸透しているという収穫の両方を感じている。ラグビー日本代表(現在の世界ランキング11位)はフランス(9位)と11月25日に敵地で対戦し、23-23で引き分けた。

 前に出てスペースを素早く埋め、積極的に防御する戦術が奏功した。フランスは試合終盤、トライではなくペナルティーキックを選択して勝ちを狙い、ホームで観客からブーイングを浴びていた。2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会の初戦で日本が破った時の南アフリカ(6位)と同じ状況だった。フランスはベテランと若手の起用方法などに苦心している印象を受けたとはいえ、W杯で準優勝3度。日本は強豪に対してしっかりプレッシャーをかけることができた。

 日本は11月4日に横浜・日産スタジアムで臨んだオーストラリア(4位)戦は30-63で敗れたが、欧州…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文1012文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです