メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

果断猛進

19年ラグビーW杯への道 前に出る防御深まる=薫田真広

 勝てるチャンスを逃した悔しさと、戦略・戦術が着実に浸透しているという収穫の両方を感じている。ラグビー日本代表(現在の世界ランキング11位)はフランス(9位)と11月25日に敵地で対戦し、23-23で引き分けた。

 前に出てスペースを素早く埋め、積極的に防御する戦術が奏功した。フランスは試合終盤、トライではなくペナルティーキックを選択して勝ちを狙い、ホームで観客からブーイングを浴びていた。2015年ワールドカップ(W杯)イングランド大会の初戦で日本が破った時の南アフリカ(6位)と同じ状況だった。フランスはベテランと若手の起用方法などに苦心している印象を受けたとはいえ、W杯で準優勝3度。日本は強豪に対してしっかりプレッシャーをかけることができた。

 日本は11月4日に横浜・日産スタジアムで臨んだオーストラリア(4位)戦は30-63で敗れたが、欧州…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

  5. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです