メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

GPファイナル 宇野、ミス響き2位 日本勢の連覇止まる チェン初V

男子フリーでの宇野昌磨の演技=名古屋市の日本ガイシホールで2017年12月8日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズで各種目上位6人が争うGPファイナルは第2日の8日、名古屋市の日本ガイシホールで男子フリーがあり、前日のショートプログラム(SP)で2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリーでトップとなる184・50点をマークしたが、合計286・01点で2位だった。宇野は2015、16年の銅に続いてメダルを得たが、12年の高橋大輔、13~16年の羽生結弦(ANA)と続いていた日本勢の大会連覇は「5」で止まった。

 SP首位のネーサン・チェン(米国)がフリー183・19点、合計286・51点で宇野を0・50点上回…

この記事は有料記事です。

残り2005文字(全文2276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです