北海道・泊原発

地盤再調査へ 「活断層なし」データ不足

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北海道電力が再稼働を目指す泊原発1~3号機(北海道泊村)について、原子力規制委員会は8日、敷地内の断層が活断層ではないと判断するには根拠となるデータが足りないとして北電に地盤の追加調査を指示した。北電は新たな根拠を示す必要があり、審査は長期化する可能性がある。

 原発の新規制基準では12万~13万年前以降に動いた断層を活断層と定義。原子炉建屋など重要施設の…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

ニュース特集