メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エルサレム首都認定

米国除く安保理14カ国が非難や懸念

緊急会合後に欧州5カ国の国連大使「米に同意せず」声明

 【ニューヨーク國枝すみれ】トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都と認めて大使館移転を発表したことを受け、国連安全保障理事会は8日、緊急会合を公開で開いた。米国以外の安保理理事国14カ国は非難や懸念の声を上げた。米国と足並みをそろえることが多い英国を含む欧州諸国も今回の決定には不同意を鮮明にし、米国の孤立が際立った。安保理は今後、数カ月かけてエルサレム問題を討議するとみられる。

 英国のライクロフト国連大使は「エルサレムは最終的にイスラエルとパレスチナの二つの国家の首都であるべ…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです