メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛省

長射程の巡航ミサイル導入へ 22億円予算要求

 防衛省は8日、航空自衛隊の戦闘機に搭載する長射程の巡航ミサイルを導入するため、関連経費約22億円を2018年度予算案に追加要求した。事実上、敵基地攻撃への転用が可能だが、政府の基本政策「専守防衛」との整合性などに関する議論を経ないまま、実質的な能力保有に一歩踏み込んだ形だ。

 防衛省が導入を目指す巡航ミサイルは、米国製の射程約900キロの「JASSM(ジャズム)-ER」と「LRASM(ロラズム)」、ノルウェーなどが開発した射程約500キロの「JSM」。日本の領土・領海に侵攻する敵の艦艇や上陸部隊への攻撃を想定している。射程の長いJASSMなどは能力上、日本から北朝鮮や中国、ロシアに届く。

 JSMは空自が今年度中に配備するステルス戦闘機F35への搭載を想定し、取得費の計上を求めた。21年度中の配備を目指す。地上攻撃が可能な巡航ミサイルの自衛隊機への初配備となる。

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです