JR九州高速船

新型高速船の建造へ 豪造船会社と合意

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福岡市の博多港と韓国・釜山を結ぶJR九州高速船(福岡市)は8日、オーストラリアの造船会社オースタルと新型高速船の建造に向け合意したと発表した。来年1月ごろに契約締結し、設計に着手する。2020年夏をめどに就航させる計画。

 新型高速船は全長80メートル(総トン数2300トン)。現行の高速船「ビートル」の2・6倍…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

あわせて読みたい

注目の特集