メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日欧EPA

交渉が妥結 19年初めの協定発効目指す

ユンケル欧州委員長との電話会談後、取材に応じる安倍晋三首相=首相公邸で2017年12月8日、藤井達也撮影

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)をめぐり、安倍晋三首相は8日、ユンケル欧州委員長と電話協議し、交渉妥結を確認した。日本とEUは2018年半ばに協定に署名し、19年初めの協定発効を目指す。北米自由貿易協定(NAFTA)に匹敵する世界最大規模の自由貿易圏が誕生することになる。

 安倍首相はユンケル氏との協議後、記者団に「(日欧EPAは)アベノミクスの新しいエンジンとなり、いよいよ始動していく。日本とEUが手を携えて、自由で公正なルールに基づく経…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです