メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新天皇即位

大嘗祭の織布、伝統の地に期待感

平成の大嘗祭で献上された「麁服」=徳島県美馬市木屋平で、後藤豪撮影

 皇太子さまが即位される日が2019年5月1日に決まった。同年11月に行われる見通しの「大嘗祭(だいじょうさい)」には、さまざまな調度品が全国から集められる。とりわけ重要な調度品とされる2種の織物は、古来、徳島県と愛知県東部から調達されてきた。地元の生産者は今回も宮内庁から依頼が来るのを楽しみにしている。

 徳島県で作られるのは麻布の「麁服(あらたえ)」。古代豪族の忌部(いんべ)氏が調達を担当したことが、…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1202文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです