メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新天皇即位

大嘗祭の織布、伝統の地に期待感

平成の大嘗祭で献上された「麁服」=徳島県美馬市木屋平で、後藤豪撮影

 皇太子さまが即位される日が2019年5月1日に決まった。同年11月に行われる見通しの「大嘗祭(だいじょうさい)」には、さまざまな調度品が全国から集められる。とりわけ重要な調度品とされる2種の織物は、古来、徳島県と愛知県東部から調達されてきた。地元の生産者は今回も宮内庁から依頼が来るのを楽しみにしている。

 徳島県で作られるのは麻布の「麁服(あらたえ)」。古代豪族の忌部(いんべ)氏が調達を担当したことが、…

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1202文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 不適切ツイート 青森市議当選者「思慮のなさの結果」謝罪
  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役
  4. ORICON NEWS 樹木希林さんの世界が楽しめる展覧会、西武渋谷で開催 夫・内田裕也さんとの2ショット写真も
  5. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです