メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州取材前線

信州ワインバレー構想 高品質のブドウ生産 雨量や日照量を観測 /長野

ワインの品質を確かめる「信州たかやまワイナリー」の醸造責任者・鷹野永一さん=高山村で

 農林水産省によると、2014年のワイン用ブドウ生産量は長野県が約6276トンで日本一。しかし、いまだにワインと言えばお隣、山梨県のイメージが先行する。県は13年、「信州ワインバレー構想」を掲げ、県産ワインのブランド化に本腰を入れてきた。質の良いワイン用ブドウの生産を狙って気象データを集める観測機を設置するなど、名実ともに「日本一」を目指している。【安元久美子】

 先月6日、東京都内であった夕食会。初来日したトランプ米大統領に振る舞われたのは、県産の赤ワインだ。…

この記事は有料記事です。

残り939文字(全文1171文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです