メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前授業

先生は赤ちゃん 命学び、いじめや自殺防止も NPOの授業に反響 /滋賀

赤ちゃんを学生に抱いてもらう山田さつきさん(右)=滋賀県草津市の立命館大びわこ・くさつキャンパスで、小西雄介撮影

 NPO法人「ママの働き方応援隊」(神戸市)の滋賀支部が県内でも、子育て中の母親に赤ちゃんを連れて小中学校や高齢者施設などを訪れてもらう「赤ちゃん先生」を実施している。赤ちゃんとの触れ合いを通じて命の大切さを学んでもらい、学校などではいじめ防止や自殺の減少につなげてもらう狙いもある。【小西雄介】

 NPO法人「ママの働き方応援隊」は全国153カ所に支部があり、県内には約20人のメンバーがいる。滋賀支部代表の山田さつきさん(37)=近江八幡市=は大阪出身。結婚を機に滋賀に移住してから出産したが、夫の社宅に住んでいたことや周囲に知り合いが少なかったことで徐々に外出する機会が減った。しかし、買い物などで赤ちゃんを連れて外出すると、顔見知りでない人も話しかけてくれることがあったという。「赤ちゃんには人と人をつなげる力がある」と知り、2013年に同NPOに入った。

 活動の中で訪れた中学校で生徒にベビーカーを押す体験をしてもらうと、「少しの段差や坂でも障害になると…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1382文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  3. 沢田研二さん 公演、直前に中止 「契約上の問題」と説明
  4. 皇室 絢子さまが伊勢神宮参拝 母の久子さまと共に
  5. プロ野球CS 「取られても取り返せ」主将・浅村が3ラン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです