メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講習会

だし生かす和食、留学生ら体験 大阪ガスが開く 和歌山 /和歌山

まきすを使って巻き寿司をつくる留学生ら=和歌山市十一番丁の大阪ガスクッキングスクール和歌山で、木原真希撮影

 留学生らに「だし」など日本の食文化を理解してもらおうと大阪ガスが9日、和歌山市十一番丁のクッキングスクールで「和食だし体験と和食づくり講習会」を開いた。

 ユネスコの無形文化遺産にも登録されている和食を通じて、留学生と日本人学生が異文化交流をすることも目的で同社の社会貢献チームが和歌山大とともに企画した。

 この日は、中国、マレーシア、フランスなどの留学生と日本人学生合わせて23人が参加。まず真昆布とカツ…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです