メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやまスポーツ・お宝を巡る

冨田元輝・アマ横綱の賞状、トロフィー 亡き父を追いかけ /和歌山

アマチュア横綱になった冨田元輝選手=東京・両国国技館で2009年12月6日、手塚耕一郎撮影

 県庁相撲部の冨田元輝(げんき)選手(30)は、日大時代の2009年12月、東京・両国国技館であった第58回全日本相撲選手権大会で見事初優勝。「アマ横綱」の称号とともに獲得した賞状とトロフィーがわかやまスポーツ伝承館(和歌山市本町2フォルテワジマ3階)に展示されている。

 冨田選手は、1980年のアマ横綱で、県庁相撲部の選手、監督としても活躍した父忠典さんの影響で、小学生の頃から相撲大会に出場した。しかし、当初は「やらされている」という思いが強く相撲を好きにはなれなかったという。

 転機は中学3年だった2002年。忠典さんが45歳の若さで急死し、「同じ道を歩み、強くなりたい」と墓…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです