特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

栄光の先に

東京五輪への思い/8 横田高・ホッケー部監督 恩田賢二さん 世界への可能性信じて /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
母校で女子ホッケー部を指導する恩田賢二さん(左)=島根県奥出雲町稲原の横田高校で、前田葵撮影
母校で女子ホッケー部を指導する恩田賢二さん(左)=島根県奥出雲町稲原の横田高校で、前田葵撮影

最強時代築く元日本代表「選手の発想大事に」

 ホッケーの町、奥出雲町横田。1982年に県内であった「くにびき国体」の会場になったのをきっかけにホッケーが広まった。横田で生まれ育った県立横田高校体育教諭の恩田賢二さん(34)は、日本代表に選ばれた実力者。母校の男子ホッケー部監督として、2008年に全国高校選抜ホッケー大会、インターハイ、国体(少年男子)の3冠を達成させ、今年10月の国体(少年女子)でも同校女子ホッケー部を準優勝に導いた。

 小学4年生でホッケーを始めた。スポーツ少年団でホッケーをするのが当時の横田では当たり前だった。町立横田中、県立横田高校でもホッケー部に入部した。高校3年のチーム成績は国体5位。18歳以下のユース日本代表の選考にも声はかからなかった。

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1339文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集