メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
阿波春秋

平田篤胤 江戸時代の国学者 「霊能真柱」を著す /徳島

 平田篤胤(ひらたあつたね)(1776~1843年)国学者、現秋田県出身。

 幼名正吉(しょうきち)、また胤行(たねゆき)。通称半兵衛(はんべえ)、のち又五郎、大角(だいかく)、大壑(だいかく)とも称した。屋号は真菅乃屋(ますげのや)。

 久保田(秋田)藩士大和田祚胤の四男。8歳の時漢学を中山青莪(せいが)に、11歳で医学を叔父柳元(おじりゅうげん)に学び、玄琢(げんたく)と称した。

 1795(寛政7)年20歳の時脱藩して江戸に出、5年後備中(岡山)松山藩平田藤兵衛篤穏(あつやす)…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文655文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです