メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ベルギー「テロの温床」の街(その1) 起業で差別と闘う

 「テロの温床」

 ベルギーの首都ブリュッセル・モレンベーク地区の住民はこの数年、自分たちの街が不名誉な呼び名で語られることに耐えている。

 きっかけは2015年11月に130人の犠牲者を出したパリ同時多発テロ。モレンベーク地区で育ち、モロッコ系移民をルーツに持つ若い男たちが過激派組織「イスラム国」(IS)に感化され起こしたものだった。

 欧州は「テロとの戦い」の真っただ中だ。中でもベルギーは、内戦が続くシリアの戦闘地域に志願し渡った若…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです