メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

ちふれ化粧品 「高品質・適正価格」を実現

ちふれの1本300円の詰め替え用口紅=ちふれ化粧品提供

 「ちふれ」は1968年に誕生した化粧品ブランドだ。女性の地位向上を目指す消費者団体「全国地域婦人団体連絡協議会」、略して全地婦連(ぜんちふれん)と提携して生まれたことに由来する。

 前身は三菱石油が47年に設立した化粧品会社。初代社長の島田松雄氏が欧米を視察し、日本ではぜいたく品だった化粧品が1ドルで売られていることに衝撃を受けた。

 「誰でも手が届く化粧品を日本でも売り出そう」と、100円の化粧品を開発。5~10倍程度の価格だった他の化粧品と「品質に差がない」と話題になった。68年に理念に賛同した全地婦連と提携して「ちふれ」の名で会員に販売を始め、70年代には百貨店にも並ぶように。91年に社名もちふれ化粧品とした。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです