メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ベルギー「テロの温床」の街(その2止) IT習得支援「モレンギーク」

 

 ◆移民街に希望の光

隣人のテロに苦悩

 130人が犠牲になったパリ同時多発テロ(2015年11月13日)の実行グループは10人。その多くが自爆したり、当局に射殺されたりしたが、1人だけ車で逃走した男がいた。

 サラ・アブデスラム容疑者(28)。国際指名手配されたサラ容疑者の顔写真はメディアを通じて世界中に広まった。

 「別人の写真じゃないですか?とメディアに電話をしたかった。近所の住人がそんなことをするとは考えもし…

この記事は有料記事です。

残り4899文字(全文5107文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです