メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災備蓄食

給食に再利用

「えーっ、マジ?」と驚きながらも、防災備蓄食を使った給食を楽しむ子どもたち=東京都小平市の市立小平第六小で

 防災用に備蓄していて賞味期限が近づいている食料を、廃棄せずに活用する動きが出ている。東京都内では小学校の給食として再利用し、子どもたちに防災や食べ物の大切さについて考えてもらおうとする試みが始まった。

 一般社団法人「食品ロス・リボーンセンター」(東京都千代田区)などが企画。小平市立小平第六小学校の白井ひで子栄養教諭の協力を得て、防災備蓄食を使ったメニューが開発され、児童にお披露目された。

 この日の献立は、アルファ化米白かゆとクラッカーを使った「トマトリゾット」と、備蓄用の缶詰パンを使った「パン・デ・ケーキりんごソース」。備蓄食料は炭水化物が多いため、栄養バランスを考慮して野菜たっぷりの「ジュリエンヌスープ」と牛乳を添えた。子どもたちは備蓄食の給食への変身に驚きながらも、「パンにりんごのシロップがしみてておいしい」などと満足そうに食べた。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです