防災備蓄食

給食に再利用

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「えーっ、マジ?」と驚きながらも、防災備蓄食を使った給食を楽しむ子どもたち=東京都小平市の市立小平第六小で
「えーっ、マジ?」と驚きながらも、防災備蓄食を使った給食を楽しむ子どもたち=東京都小平市の市立小平第六小で

 防災用に備蓄していて賞味期限が近づいている食料を、廃棄せずに活用する動きが出ている。東京都内では小学校の給食として再利用し、子どもたちに防災や食べ物の大切さについて考えてもらおうとする試みが始まった。

 一般社団法人「食品ロス・リボーンセンター」(東京都千代田区)などが企画。小平市立小平第六小学校の白井ひで子栄養教諭の協力を得て、防災備蓄食を使ったメニューが開発され、児童にお披露目された。

 この日の献立は、アルファ化米白かゆとクラッカーを使った「トマトリゾット」と、備蓄用の缶詰パンを使った「パン・デ・ケーキりんごソース」。備蓄食料は炭水化物が多いため、栄養バランスを考慮して野菜たっぷりの「ジュリエンヌスープ」と牛乳を添えた。子どもたちは備蓄食の給食への変身に驚きながらも、「パンにりんごのシロップがしみてておいしい」などと満足そうに食べた。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文629文字)

あわせて読みたい

注目の特集