メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災備蓄食

給食に再利用

「えーっ、マジ?」と驚きながらも、防災備蓄食を使った給食を楽しむ子どもたち=東京都小平市の市立小平第六小で

 防災用に備蓄していて賞味期限が近づいている食料を、廃棄せずに活用する動きが出ている。東京都内では小学校の給食として再利用し、子どもたちに防災や食べ物の大切さについて考えてもらおうとする試みが始まった。

 一般社団法人「食品ロス・リボーンセンター」(東京都千代田区)などが企画。小平市立小平第六小学校の白井ひで子栄養教諭の協力を得て、防災備蓄食を使ったメニューが開発され、児童にお披露目された。

 この日の献立は、アルファ化米白かゆとクラッカーを使った「トマトリゾット」と、備蓄用の缶詰パンを使っ…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文629文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです