メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ノーベル賞

平和賞授賞式 仲間の努力伝えたい 日本被団協代表委員・田中熙巳さん(85)

ノーベル平和賞授賞式への思いを語る田中熙巳さん=オスロで8日、竹下理子撮影

 【オスロ竹下理子】ノーベル平和賞授賞式に、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)代表委員、田中熙巳(てるみ)さん(85)が出席する。ICANと連携して活動してきた被爆者の代表として招待された。受賞決定の瞬間、海外で自身の体をさらして被爆体験を訴えた仲間の姿が脳裏に浮かんだ。「仲間の努力を伝えたい」と式に臨む。

 田中さんは8日、共に授賞式に出席する日本被団協事務局次長の藤森俊希さん(73)とオスロのホテルに到…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文651文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『これは経費で落ちません!』多部未華子に高評価 満足度右肩上がり

  2. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです