ペンギン

大トリはイヌと散歩 松江

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イヌのマフラーを身につけて登場したケープペンギン=松江市大垣町の松江フォーゲルパークで2017年12月9日午前10時47分、前田葵撮影
イヌのマフラーを身につけて登場したケープペンギン=松江市大垣町の松江フォーゲルパークで2017年12月9日午前10時47分、前田葵撮影

 松江市の花と鳥のテーマパーク「松江フォーゲルパーク」で、来年のえと「戌(いぬ)」にちなんだマフラーを巻いて園内を散歩するペンギンが人気だ。1日2回、5羽のケープペンギンが片道約50メートルをスタッフと一緒に歩く恒例のイベント。マフラーはスタッフが手作りした。「2018」の数字も刺しゅうされている。

 例年はサンタクロース姿で歩くが、酉(と…

この記事は有料記事です。

残り88文字(全文258文字)

あわせて読みたい

注目の特集