メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

残存卵子数の目安、AMH検査 妊娠しやすさは分からない

 女性の卵巣に卵子がどれだけ残っているかの目安が分かるとして不妊治療などの現場で普及しつつある血液検査「抗ミュラー管ホルモン(AMH)検査」について、米国のチームが「妊娠しやすさの予測には使えない」とする研究をまとめ、米医師会雑誌に発表した。

 AMHは発育過程にある卵胞から分泌されるホルモン。女性は卵巣に一生分の卵子を持って生まれ、年齢とともに数が減っていく。AMHを測ることでその時点のいわば“在庫数”が把握できるとされている。

 チームは、明らかな不妊原因がなく、妊娠を試みて3カ月以内の30~44歳の女性750人を約1年間追跡…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文675文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです