メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

わたしは、幸福 ひとりの女性に焦点、押し寄せてくる不幸

「わたしは、幸福(フェリシテ)」

 コンゴが舞台の映画です。1997年にモブツ政権が倒れてから内戦が続いた国ですね。特に98年から始まった第2次内戦では、コンゴ周辺の各国が戦闘に加わったこともあって、膨大な死傷者が生まれました。その数は500万人に及ぶという推計もあります。

 そのためでしょうか、新聞やテレビで伝えられるコンゴは内戦に関わることばかりでした。この映画は、そこが違う。内戦どころかそもそも軍人が出てこないし、警官もちょっと顔を出すだけです。

 ではどんな映画なのかと言えば、コンゴ民主共和国の首都キンシャサで、1人で男の子を育てる女性シンガー…

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1708文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 働き方法案可決 人の命かかってるのに 傍聴席ぼうぜん
  2. 働き方改革関連法案 高プロ「働かされ放題」の恐れ
  3. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  4. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  5. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]