メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「エルサレム首都」認定

「米は撤回を」怒り、世界に拡大

デモが発生した主な国や都市

 【カイロ篠田航一】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、中東のイスラム諸国などで8日、抗議デモが相次いだ。エルサレムはイスラム教の聖地でもあり、各地で「一方的な決定」「撤回せよ」と対米批判が噴出した。アラブ連盟は9日、外相級会合をカイロの本部で開催し、米国などへの対応を協議する。

 イスラエルを「パレスチナの占領者」とみなし国家承認していないイランでは、首都テヘランで数千人規模のデモが行われた。タスニム通信によると、市民は「米国を倒せ」などと記されたプラカードを手に行進。米国旗を燃やす市民もいた。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです