メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「エルサレム首都」認定

米国除く全理事国、反対や懸念

 【ニューヨーク國枝すみれ、エルサレム高橋宗男】トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都と認めて大使館移転を発表したことを受け、8日に開かれた国連安全保障理事会の緊急会合で、米国を除く理事国14カ国全てが米国の決定に反対や懸念を示した。この問題での米国の孤立化が鮮明になり、安保理は今後もエルサレム問題の討議を続けるとみられるが、米国が常任理事国で決議案の拒否権を持つため、具体的な行動をとることは困難だ。

 緊急会合終了後、普段は米国と同調することが多い欧州5カ国の国連大使がそろって記者会見し、「米国の決…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文628文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  4. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  5. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです