メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
福島原発事故

「官僚の卵」被災地視察 福島県がツアー 

原発事故後も従業員が避難先から通い、操業を続けた菊池製作所の社員から話を聴くツアー参加者=福島県飯舘村草野の菊池製作所で、尾崎修二撮影

 福島県は8日までの3日間、「キャリア官僚の卵」である国家公務員総合職の内定者を対象に、福島第1原発事故の被災地の現状を伝えるツアーを初めて実施した。就職後も福島に関心を寄せてもらい、事故が霞が関で風化するのを防ぐのが狙いだ。文部科学省や経済産業省など11省庁の内定者32人が廃炉の現場や周辺自治体を訪れ、職員や住民と地域の復興への課題について意見交換した。【尾崎修二】

 「第1原発敷地内での作業服がイメージしていたより軽装だった」「周辺地域は除染や復興がもっと遅れてい…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文889文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです