メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防犯

「子ども見守り隊」発足1カ月で効果 千葉・我孫子

子供たちに話しかける「我孫子市子ども見守り隊」の隊員=千葉県我孫子市内で、富美月撮影

 小学生以下の子供に対する「声掛け」「つきまとい」など、重大犯罪につながりかねない前兆が千葉県内で増加傾向にある中、我孫子市では地域一体になった見守り活動が功を奏し、減少に転じている。我孫子署によると、「我孫子市子ども見守り隊」が発足した10月は、18歳以下に対する声掛けなどがゼロ。全世代を通じても3件で、9月までの月平均12.3件から大幅に減った。同署幹部は「さらに見守り隊員の数が増えてほしい」と期待している。

 県警生活安全総務課によると、県内の小学生以下への声掛けなどは10月末現在、前年同期の836件から178件増の1014件。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです