遺跡

小牧山城跡 本丸西側から「虎口」跡? 愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
虎口の遺構とみられる石垣が見つかった小牧山城跡の斜面=愛知県小牧市で
虎口の遺構とみられる石垣が見つかった小牧山城跡の斜面=愛知県小牧市で

 小牧山城跡の発掘調査を進めている愛知県小牧市教育委員会は、本丸西側の斜面で新しい石垣の遺構を発見したと発表した。本丸に通じる出入り口「虎口(こぐち)」の跡とみられ、織田信長が築いた初の石積みの城とされる小牧山城の特徴を示す遺構となる。

 市教委によると、見つかった石垣の遺構は幅2メートルの通路の両側にそれぞれ長さ7.4メートル、1メートルで、高さは1.5~1メートル…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集