メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医師

子ども血液検査推進 香川の松原さん「赤ひげ大賞」

「子供のうちから健康について考えることはとても重要」と語る松原奎一さん=香川県三木町池戸の讃陽堂松原病院で、山口桂子撮影

 30年前に学校医として中学1年生の血液検査を自費で実施した香川県三木町池戸の医師、松原奎一(けいいち)さん(75)が、地域医療を支える医師に贈られる「第6回赤ひげ大賞」(日本医師会など主催)の受賞者5人の一人に選ばれた。松原さんの取り組みをきっかけに、血液検査は小学生を対象に県内全域に広がり、県によると、全国でも他に例のない制度として注目されている。【山口桂子】

 松原さんは、消化器・循環器系を専門とする医師で、讃陽堂松原病院(三木町池戸)の理事長を務めている。1967年に日大医学部を卒業し、東京で研修中に医師だった父が急死。三木町に急きょ戻り、父が開いていた診療所の跡を継いだ。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  2. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃える 馬4頭取り残され、3人病院搬送 滋賀

  3. 愛知で新たに88人感染 名古屋市は50人

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです