メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

被爆の母の思い出語る イシグロさん

 【ストックホルム鶴谷真】華やかな音楽と食事に彩られたストックホルム市庁舎でのノーベル賞記念晩さん会を締めくくる受賞者によるスピーチ。自然科学分野の受賞者がいずれもジョークを交えて謝辞を述べたのに対し、文学賞のカズオ・イシグロさん(63)は思い詰めた表情で長崎原爆と平和への思いを語った。

 まず、英国移住前の5歳の頃、長崎市の家で畳に腹ばいになって、ダイナマイトを発明した化学者ノーベルの本を読んでいた際のエピソードを紹介。14年前に被爆した母親が「その人が、ダイナマイトの使われ方を心配してノーベル賞を作ったのよ」と、平和促進の賞だと教えられたことが印象…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです