メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清水建設

執行役員辞職 下請け業者に実家の雪下ろしさせ

 大手ゼネコン・清水建設は11日、福島県内で環境省や市町村から受注した除染工事を統括する執行役員が、県内にある1次下請けの業者に無償で実家の雪下ろしなどをさせていたことを明らかにした。執行役員は代金相当分の33万2000円を業者へ支払った後、8日に辞職した。同社は「業者から国などへの代金の不正請求などは無かった」としている。

 同社によると、福島での震災関連工事を担当する土木東京支店の副支店長である元執行役員(60)は2015年初め、業者に対し、除染工事の対象地域外の福島県西会津町にある実家の雪下ろしを依頼。業者は同年に1回、16年に1回、17年に2回の雪下ろしを行った。16年夏には実家の草刈りもしたという。

 同社は、先週末に報道機関の照会を受けて内部調査を開始。調査に対し、元執行役員は「雪深く、実家に帰れなかった。雪下ろしを頼んだのは1回だけだが不適切だった」、業者は「自主的にやった」と説明したという。

 清水建設は「不正請求など誤解を招く行為だった」と陳謝したが、元執行役員が代金を払う前提で雪下ろしを依頼したかどうかは「聞いていない。民間同士の接待行為のようなものだと思う」との認識を示した。同社は福島県大熊町、楢葉町、広野町などで環境省や自治体から除染作業を受注している。【五十嵐和大】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 銀魂 実写版続編に三浦春馬&窪田正孝“参戦”! 伊東鴨太郎、河上万斉のビジュアル公開
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 高槻市教委 倒壊の塀、学校側が3年前に「危険性」指摘 
  5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]