メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

日野原重明さんが残した「シェア」の心 これまでの恩返し 今後、出会う人に みとった次男の妻に聞く

日野原重明さんの書斎で、思い出を振り返る次男の妻眞紀さん=東京都世田谷区で、中村藍撮影

 今年7月、105歳で亡くなった医師、日野原重明さんの言葉が深く心に残るのはなぜだろう。著書に残したメッセージをかみしめたくて、身の回りの世話をしてきた次男の妻眞紀さん(70)に案内され、日野原さんの書斎を訪ねた。【小松やしほ】

 日野原家は東京・田園調布の閑静な住宅街にある。明るいリビングを抜け、別棟2階にある書斎へ。陽光が曇り空をくぐり抜けて室内に差し込む。芝生が敷かれた窓外の庭は、日野原さんが最も愛したものの一つだ。

 家族から見た日野原さんはどんな人だったのでしょう? そう尋ねると、日野原さんの妻の病気を機に約25…

この記事は有料記事です。

残り2336文字(全文2598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです