メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

「ひた練」で美しさ追求 世界大会にも出場 慶大ペン回し研究会

会場を訪れた子供にペン回しの技を丁寧に教える、研究会の武者さん=慶応大学三田キャンパスの学園祭で

 「ペン回し」といえば暇なときについしてしまうようなイメージではないだろうか。ところが今では宙を舞うようなアクロバティックな技も存在し、競技として知られつつある。世界大会への出場経験がある慶応大学ペン回し研究会を同大で開催された学園祭、三田祭で先月26日、取材した。

 研究会は2008年に創設されたインカレ(学際)サークル。ペン回しを研究するサークルは全国で唯一という。メンバーは約10人で、初心者からプロ並みの技量をもつ人までさまざまなレベルの人が集まって練習している。

 「ペン回しの魅力は同じひとつの技でも、回し手によって見え方が本当に違うところです。いかに美しく回せ…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです