メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

この1年 気概伝わる作品響く

 歌舞伎では2017年に2家の襲名があった。「壽 新春大歌舞伎」(東京・新橋演舞場1月)の市川右近の三代市川右團次襲名と「團菊祭大歌舞伎」(東京・歌舞伎座5月)の坂東彦三郎の初代坂東楽善、長男亀三郎の九代彦三郎、次男亀寿の三代亀蔵襲名である。

 それぞれの月に右團次の長男が二代右近、亀三郎の長男が六代亀三郎を襲名し、初舞台を踏んだ。2月には歌舞伎座で中村勘九郎の長男が三代勘太郎、次男が二代長三郎を襲名して初舞台を踏み、7月は歌舞伎座で市川右之助が二代市川齊入を襲名した。

 新作も多く発表された。歌舞伎座では「駄右衛門花御所異聞」(7月)▽「歌舞伎座捕物帖」(8月)▽「野…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1336文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]