メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇

この1年 気概伝わる作品響く

 歌舞伎では2017年に2家の襲名があった。「壽 新春大歌舞伎」(東京・新橋演舞場1月)の市川右近の三代市川右團次襲名と「團菊祭大歌舞伎」(東京・歌舞伎座5月)の坂東彦三郎の初代坂東楽善、長男亀三郎の九代彦三郎、次男亀寿の三代亀蔵襲名である。

 それぞれの月に右團次の長男が二代右近、亀三郎の長男が六代亀三郎を襲名し、初舞台を踏んだ。2月には歌舞伎座で中村勘九郎の長男が三代勘太郎、次男が二代長三郎を襲名して初舞台を踏み、7月は歌舞伎座で市川右之助が二代市川齊入を襲名した。

 新作も多く発表された。歌舞伎座では「駄右衛門花御所異聞」(7月)▽「歌舞伎座捕物帖」(8月)▽「野…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです