メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

演技経験ない者がリアリティー生む アラン・ゴミス監督

 コンゴ民主共和国の首都キンシャサを舞台に、シングルマザーが懸命に生きる姿を描いた映画「わたしは、幸福(フェリシテ)」が16日から公開される。同作のアラン・ゴミス監督は「キンシャサはアフリカ人の誇りと恥が混ざり合ったような町。ここで暮らすことは火山の上でダンスするようなものだ」と、この都市の魅力を語る。

 現地語で「幸せ」を意味する“フェリシテ”と名付けられた主人公は町の酒場で歌いながら金を稼ぎ、一人息…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです