メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
みちのく建物探訪

福島県いわき市 絵本美術館「まどのそとのそのまたむこう」 想像の世界導く空間

高さ9メートルの棚に1500冊の絵本がモザイク画を描くように並べられている

 天井まで高さ9メートルの吹き抜けの空間を覆うように、木製の巨大な書棚がそびえる。絵表紙を向けて展示された絵本の数は約1500冊。同系色の本を隣り合うように配置し、遠目からはモザイク模様が浮かび上がる。

 福島県いわき市平豊間の絵本美術館「まどのそとのそのまたむこう」は太平洋を望む丘に建っている。2005年5月、市内にある私立3幼稚園の園長だった巻レイさん(09年死去)が、園児たちに絵本の世界に没頭してもらえるよう完成させたものだ。

 理想の土地を探して約10年。映画「喜びも悲しみも幾年月」(木下恵介監督)の舞台になった塩屋埼灯台と…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1099文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです