メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 基準以下廃棄物の年内試験焼却見送り 知事意向 大崎、石巻市予算化せず /宮城

 東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キロ当たり8000ベクレル)以下の放射能汚染廃棄物の処理を巡り、村井嘉浩知事は11日の定例記者会見で、目標としてきた年内の試験焼却を見送る意向を示した。

 村井知事は「(関連予算の計上を見送る市もあり)意思の統一がなされていない」ことを理由に挙げた上で、試験焼却の時期…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  5. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです