東日本大震災

閖上津波資料廃棄訴訟 復興支援機構理事長、証人尋問へ /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災で被災した名取市閖上地区の津波被害について、市の第三者検証委員会が作成した報告書の元資料が廃棄された問題で、仙台地裁(高取真理子裁判長)は11日、第三者委の事務局を務めた一般社団法人減災・復興支援機構(東京)の木村拓郎理事長を、来年2月9日に証人尋問することを決めた。

 同市の住民が山田司郎市長を相手取り、同…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文400文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集