メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

小久保工業所社長 小久保好章さん 「ひと工夫」職人魂大切に /和歌山

自慢の自社製品を手にする小久保工業所社長の小久保好章さん=和歌山県海南市野上新の同社で、矢倉健次撮影

 <輝集(きしゅう)人>

小久保好章さん(56)

 背の低い女性でも無理なく洗濯物を挟めるピンチ(洗濯ばさみ)、洗顔用せっけんの泡立ちをよくするネット、旅行先で使い捨てられる下着--。家事や日常生活で多用される雑貨に「ひと工夫」を加え、付加価値を高めた商品をリーズナブルな価格で次々と世に送り出している小久保工業所(海南市)。来年、創業30年を迎える。

 両親は海南市でロープに使う樹脂製の糸を製造していた。大成高校(現海南高校大成校舎)卒業後、地元の手…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです