JAXA出前授業

下関西高で 「GPSのしくみ」「宇宙食と味覚」テーマ /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「スペースカレー」の説明書きを読む生徒たち
「スペースカレー」の説明書きを読む生徒たち

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)のスタッフによる出前授業が、下関市後田町の下関西高校(山根敬二校長)で開かれた。授業には同校探究科の1年生80人が参加し、「宇宙食と味覚」など二つのテーマに分かれて学んだ。【佐藤緑平】

 県内では昨年、JAXAの機関が一部、宇部市に移転してきたことを受け、衛星データの防災、宇宙教育活動などへの活用が進められている。県教育委員会も今年3月、JAXA宇宙教育センターと学校での授業支援などに取り組む覚書を結んだ。これを受け、同センターでは県内各地の小中高で出前授業を実施。今年度は、宇部市の岬小学校や常盤(ときわ)中学校、山口高校(山口市)など県内6校で開かれた。JAXA宇宙教育センターの松原理(おさむ)主事(32)は…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文814文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集