メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞授賞式 「核兵器は絶対悪だ」 ICAN・被爆者、演説

 【オスロ竹下理子】「核兵器は必要悪ではなく絶対悪だ。私たちの証言を聞き、警告を心に留めなさい」。国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式が10日、オスロ市庁舎で開かれ、広島の被爆体験を伝えてきたカナダ在住のサーロー節子さん(85)が演説で、核兵器の非人道性を訴えた。授賞式での被爆者の演説は初めて。核の傘下にある国を「共犯者」と表現し、核保有国と共に「人類を危機にさらしている」と強く非難した。

 ICANは核兵器を初めて法的に禁じる核兵器禁止条約の採択に主導的な役割を果たし、ノルウェー・ノーベル賞委員会のアンデルセン委員長は「核なき世界の実現への運動に新たな方向性と活力を与えた」と評価した。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  3. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  4. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです