メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

遺伝子組み換え食品表示 今の緩い制度でよいのか=小島正美(生活報道部)

GM食品の表示の見直しについて話し合う有識者検討会のメンバー=東京都千代田区で11月17日、小島正美撮影

 遺伝子組み換え(GM)食品の表示を見直す作業が消費者庁の有識者検討会(座長=湯川剛一郎・東京海洋大教授、委員10人)で進められている。他国に比べて緩い表示基準をどこまで厳しくするかが焦点だ。今春から6回開かれた検討会を取材したが、結局新たな対応を打ち出せそうもない。それでよいのだろうか。議論の山場を迎える18日の検討会を前に考えた。

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1602文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]