メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

遺伝子組み換え食品表示 今の緩い制度でよいのか=小島正美(生活報道部)

GM食品の表示の見直しについて話し合う有識者検討会のメンバー=東京都千代田区で11月17日、小島正美撮影

 遺伝子組み換え(GM)食品の表示を見直す作業が消費者庁の有識者検討会(座長=湯川剛一郎・東京海洋大教授、委員10人)で進められている。他国に比べて緩い表示基準をどこまで厳しくするかが焦点だ。今春から6回開かれた検討会を取材したが、結局新たな対応を打ち出せそうもない。それでよいのだろうか。議論の山場を迎える18日の検討会を前に考えた。

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1602文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです