イスラエル

エルサレム刺傷 「一匹オオカミ型」警戒 首都認定抗議か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【エルサレム高橋宗男】エルサレムの中央バスステーションで10日、パレスチナ人の男がイスラエル人男性警備員の胸をナイフで刺して逃走した。男性は重体。エルサレムをイスラエルの首都と認定した米国の決定後、刺傷事件は初めて。イスラエル当局は同様のローンウルフ(一匹オオカミ)型の攻撃を警戒している。

 通行人と警官が男を取り押さえた。イスラ…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文403文字)

あわせて読みたい

注目の特集