米国

上院補選、民主党候補が猛追 アラバマ州、最終盤情勢

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【バーミンガム(米南部アラバマ州)高本耕太】接戦となっている米南部アラバマ州の連邦上院補欠選挙は12日投開票される。トランプ大統領は、共和党候補のムーア元同州最高裁長官への支持を呼びかける有権者向け電話メッセージ(ロボコール)を作成。最終盤のてこ入れに躍起だ。一方の民主党は同党候補のジョーンズ元同州連邦検事に連邦議員や運動員ら他州からの応援を投入、総力戦を展開している。

 当初優勢が伝えられたムーア氏は、過去に未成年女性にわいせつ行為をした疑惑が相次ぎ浮上。ジョーンズ氏に猛追を許している。トランプ氏は10日からの電話作戦の中で「アメリカを再び偉大にするため、ムーアが必要だ」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文617文字)

あわせて読みたい

注目の特集