メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

料理で親しむパレスチナ

「日本で料理人として活躍したい」と話すパレスチナ難民のアル・マフムード・ホセイン・アリさん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中東情勢が不安定化する中、東京都内で10日、パレスチナの食と文化を楽しむ会が開かれた。レバノン出身のパレスチナ難民、アル・マフムード・ホセイン・アリさん(23)が本場のアラブ料理をふるまった。

 ●地中海の潮の香り

 ホセインさんは2015年にレバノン南部スールの難民キャンプを出て、日本経由で欧州に渡ろうとしたが、イタリア入国が許可されず、乗り継ぎ地の日本に戻ることに。翌年、日本政府に難民認定され、都内の夜間中学で日本語を学びながら高校進学を目指す。将来は日本でアラブ料理レストランを開きたいと、夢に向けて精進している。

 この日、まず作ったのは、ひよこ豆にオリーブ油をたっぷり使い、塩、コショウ、ゴマ、ニンニク、レモン汁…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1503文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファンド 本田圭佑選手、米俳優ウィル・スミス氏と設立へ
  2. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  3. 夏の高校野球 1人だけの部員 1回戦敗退も「悔いなし」
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 西日本豪雨 元消防士の教授「外に出るな」 学生けがなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]