メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

料理で親しむパレスチナ

「日本で料理人として活躍したい」と話すパレスチナ難民のアル・マフムード・ホセイン・アリさん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中東情勢が不安定化する中、東京都内で10日、パレスチナの食と文化を楽しむ会が開かれた。レバノン出身のパレスチナ難民、アル・マフムード・ホセイン・アリさん(23)が本場のアラブ料理をふるまった。

 ●地中海の潮の香り

 ホセインさんは2015年にレバノン南部スールの難民キャンプを出て、日本経由で欧州に渡ろうとしたが、イタリア入国が許可されず、乗り継ぎ地の日本に戻ることに。翌年、日本政府に難民認定され、都内の夜間中学で日本語を学びながら高校進学を目指す。将来は日本でアラブ料理レストランを開きたいと、夢に向けて精進している。

 この日、まず作ったのは、ひよこ豆にオリーブ油をたっぷり使い、塩、コショウ、ゴマ、ニンニク、レモン汁…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1503文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
  4. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
  5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]