メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

料理で親しむパレスチナ

「日本で料理人として活躍したい」と話すパレスチナ難民のアル・マフムード・ホセイン・アリさん

 <くらしナビ ライフスタイル>

 中東情勢が不安定化する中、東京都内で10日、パレスチナの食と文化を楽しむ会が開かれた。レバノン出身のパレスチナ難民、アル・マフムード・ホセイン・アリさん(23)が本場のアラブ料理をふるまった。

 ●地中海の潮の香り

 ホセインさんは2015年にレバノン南部スールの難民キャンプを出て、日本経由で欧州に渡ろうとしたが、イタリア入国が許可されず、乗り継ぎ地の日本に戻ることに。翌年、日本政府に難民認定され、都内の夜間中学で日本語を学びながら高校進学を目指す。将来は日本でアラブ料理レストランを開きたいと、夢に向けて精進している。

 この日、まず作ったのは、ひよこ豆にオリーブ油をたっぷり使い、塩、コショウ、ゴマ、ニンニク、レモン汁…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1503文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 衆院沖縄3区補選 屋良氏の初当選が確実 辺野古移設「反対」民意示す
  4. イオン春日部 新装オープン /埼玉
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです