メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

W杯 第4戦 小平、1000も圧倒 世界新

女子1000メートルで世界記録を更新し、優勝した小平=佐々木順一撮影

 【ソルトレークシティー(米ユタ州)岩壁峻】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第4戦は最終日の10日、当地のユタ五輪オーバルで行われ、女子1000メートルで小平奈緒(相沢病院)が1分12秒09の世界新記録で優勝した。従来の記録は、ブリタニー・ボウ(米国)が2015年11月に同じリンクでマークした1分12秒18。個人種目での日本勢の世界記録は05年11月に男子500メートルで加藤条治(博慈会)がマークして以来12年ぶりで、女子の五輪実施種目では初めて。高木美帆(日体大助手)が0秒54差の2位だった。

 平昌五輪代表の選考対象となるW杯は今大会で終了。小平は500メートルと1000メートル、高木美は1…

この記事は有料記事です。

残り2806文字(全文3110文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ JRは停電、運転見合わせ

  2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

  3. ORICON NEWS 窪田正孝&水川あさみが結婚 正式発表「にぎやかで面白い家庭を」[コメント全文]

  4. 徳島、大分、熊本、宮崎で「レベル4相当」 台風17号、九州西側に

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです